2022年03月01日

今月の一言(2022年3月)

◎税理士 小出絹恵

下北沢駅の工事が続いています。

南西口から小出会計までの道が、素敵な遊歩道になりそうです。

今はまだ木々が細くて頼りない感じですが、やがて枝葉を茂らせて立派な木陰を作ってくれることでしょう。

道順のご案内も楽になります。

下北沢の商店街を歩くのも良いですが、東北沢から下北沢、下北沢から世田谷代田の散歩道も運動がてら歩くのも楽しそうです。


〇税理士 小出博樹

 確定申告の繁忙期。この業界に勤めて44回目です。

 その中で思い出深く、一番大変な思いをした仕事。

 (なお、関係者は全て亡くなっています。)

 30歳の時、有名な女優(Aさん)の確定申告を担当しました。

 複雑な譲渡所得があり、当時はパソコンで計算できる

時代ではなかったので、電卓で複雑な計算をしました。確か、事務所に3日

泊まり込んで仕事をした記憶があります。納税額も多額になりました。

 Aさんに申告書の説明をすると、「もっと、税金少なくならないの?」

というので、「なりません(断言)。私はAさんのために最大限の努力をしました。

この税額よりも少なくなるということは、脱税になります。」

それでも「そこをなんとか」と粘るので、

 「私はAさんのことを小学生の頃から知っている有名な方です。

もし、税務調査がはいって、脱税認定されると、お名前に傷がつきますよ。」

というと、ニコッとして「それもそうね。わかった。払うわ。」と納得してくれました。

その、ニコッとほほ笑んだ顔が今でも記憶に残っています。

 半年後、税務調査がはいりました。3日間の調査。最終的に「申告是認」でした。



〇赤川

今年こそはひな人形を出そう、と心に決めて屋根裏収納にあがったところ、

あまりの荷物の多さに、肝心のお雛様の箱まで到達できず。

 まずは断捨離、と予定外の大片づけ開始。

スキーセットなど大物を粗大ごみに出すことにして、屋根裏から下に降ろす。

ようやくお雛様の箱に到達、久々に箱からだして飾ることができました。

出すのが遅くなってしまいましたが、一気に家が華やかになりました。

桃の節句は旧暦でとらえ、しばらく飾っておこうと思います。


〇古川

先月の長崎県知事選で最年少知事が誕生しました。

私と同じ年の39才です。

県知事や国会議員は私よりも2回り、3回り年上の方が当たり前でしたが、

北海道や大阪府など、同年代の知事が増えていて、

政治がより一層身近に感じられるようになりました。

また、次点の候補者とはたった541票差。

ひとりひとりの1票は小さいけれと大切な1票ですね。


〇古澤

最近肩をはじめ、身体が凝り固まってどうしようもなくなってきたため、あまり期待はしていませんがセールになっていた簡易マッサージ機を購入しました。

寝ながらマッサージができ、ヒーター機能も付いていていろんな箇所に使えるようです。

少しでもこの凝り固まった身体が楽になったらうれしいです。


〇中道

「久しぶりに下北沢に行った」という友達と

下北沢駅の変わりようで話が盛り上がりました。

まずは小田急線と京王線の間に改札が出来た話、

そして南口商店街への出口など。

今の状況が落ち着いたら南西口周辺を一緒に回ろうと思いました。


〇有田

行き詰まったとき、僕は思考停止してしまいます。思考停止し、自分を責める傾向が幼い時からあります。

そんな時は自分を実況してみると良いようです。自分の中に生まれる、思考を邪魔するものを「ノイズ」と呼び、「あ、いまノイズがでてきています。」と淡々と自分を実況します。

すると自ずと心は落ち着き、ノイズは薄くなります。その瞬間を逃さず次の行動に移ればもう大丈夫です。

お茶を飲むとか、鼻歌を歌うとか、そういった行動で大丈夫です。

上手く人に相談できないときは是非お試を。意外と本当に効果的です。


〇林

毎朝、孫を駅まで送っています。

その帰り道、桜並木の下を通るのですが、その枝の周りがうっすらとピンク色に

フワフワ色づいている様に見えます。

そろそろ蕾が膨らみ始め、あと一か月ほどすると桜が咲くのでしょうね。

楽しみです。


〇山下

2歳の子供に話しかけると、聞き取れる言葉が返ってくるようになりました。

私に返事をするだけでなく、「にぃに!はな!」と梅の花が咲いているのを長男に教えてあげていました。

「いい匂いだね」というと鼻をすんすんして匂いを嗅いでみせます。

もっとお話ができるようになると、今度は兄弟喧嘩が始まりそうですが、それも楽しみです。


posted by 小出 絹恵 at 00:00 | Comment(0) | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。