2012年01月17日

配偶者に自宅の共有持分を非課税で贈与する

まず、公図と登記簿謄本をとって
贈与したいと考えておられるご自宅の
所有権、面積、土地建物の状況を確認します。

個人の建物であっても
区分所有建物の敷地権になって場合もあります。

木造の建物でも、
居宅部分と賃貸部分とを分けて
マンションのように
区分所有登記がされていることもあるのです。

現地の確認も大切です。

登記と実際の利用状況が違っていることもあります。

ご自宅と賃貸用との併用住宅の場合には
居住用部分だけが対象となります。

居住用に寄せて計算することができます。

居住用不動産を非課税で贈与できる限度は2,000万円ですが、
別途110万円の非課税枠がありますから、
合わせて2,110万円を非課税で贈与することができます。

ただし、奥様が専業主婦でご自分の現預金をお持ちでない場合には、
登記費用の負担も考慮して、
贈与する共有持分の割合を決めると良いと思います。

posted by 小出 絹恵 at 09:50 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月16日

昔は

素敵な老齢のご婦人お二人が話していました。

「今はいい時代よね。

女性が働いても何にも言われなくなったもの。

昔は、女性が働ける先といったら、
女中さんか店員さんか、夜のお仕事しかなかったわ。」

そういう時代もあったのですね。

今は有難い時代なのかもしれませんね。

posted by 小出 絹恵 at 09:17 | シルックの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

痴呆になったら

もし、痴呆になってしまったら…。

遺言書も書けませんし、
もちろん、遺言書を書き直すこともできません。

一生懸命に介護してくれた子供には
遺産を多く残したい。

その想いを遺言書に残したい、
と思っていても、

痴呆と診断されてしまったら、
それも叶いません。

何事も意思確認ができるうちです。

成年後見制度ができてからは、
痴呆はいろいろな場面で
関わってくるようになりました。

後で
「こんなはずではなかった」
ということのないような遺言書を
作っておきたいですね。

ご相談いただけたら
お手伝いさせていただきます。

posted by 小出 絹恵 at 09:15 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月13日

税率

法定実効税率を計算してみた。


所得400万円未満であれば、
実効税率は約25%

税金を払っても3/4は残る。


25万円節税しようと思ったら

100万円使わなければならないかも。


節税のために、無理にお金を使うのは
もったいない。

posted by 小出 絹恵 at 10:39 | 会社の経理・ためになる節税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

遺言書に想いを込めるには

成年後見人をやっていると、
様々な場面に出会います。

一生懸命介護した人が
先にいってしまうことも…。

遺言書で○○に遺贈する
と書いても

先になくなってしまったら
自動的にその人の子供に
遺贈が引き継がれるわけではありません

遺言書は
そういうことも考えて
書く必要があります。

posted by 小出 絹恵 at 10:38 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月12日

倒産防止共済制度

節税と利益の平準化に

お客様に倒産防止共済制度の説明をしてきました。

月20万円まで
合計800万円まで
積み立てることができます。

800万円になってしまったらどうするの?

かけどめです。

タイミングをみて解約して
800万円を益金に…。

決算が赤字になりそうなら、

解約により800万円の雑収入ができます。

結構使える制度ですよね。
もちろん、この制度の本来の目的である

連鎖倒産防止のためのセーフティネットとして
しっかり機能してくれます。

posted by 小出 絹恵 at 10:45 | 会社の経理・ためになる節税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

財産のある無しではない、遺言作成

遺言書

以前ならば、

遺言書は財産のある人が作るもの

という感じがあったかもしれませんが、

今は、

配偶者への心遣いや思い遣りという

想いを見える形にするために

遺言書を作成される方も

見受けられるようになっていると思います。

公正証書遺言の敷居が高いと思われる場合には、

自筆証書遺言を作成してみるのも

第一歩かと思います。

posted by 小出 絹恵 at 10:44 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月11日

外国に居住の相続人

相続人の一人が外国に居住している
いう事例が増えています。

遺言書があれば別ですが、
遺言書がない場合には、
遺産を分けるために、
遺産分割協議書を作成しなければなりません。

日本ではこれに実印を押して印鑑証明書を添付します。

しかし、アメリカにはこの制度が無いため、
印鑑証明に代わるものとして、
サイン証明を添付します。
相続手続きは思わぬところで時間がかかります。

早め早めの対応が求められます。


posted by 小出 絹恵 at 09:19 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月10日

私たちは社外ブレーンになります

2012年、平成24年が始まりました。

弊事務所の所長である税理士の小出絹恵は、
昨年末に行政書士登録も行い、
会社法務や相続手続き、
遺産分割協議書作成等の書類作成業務も
積極的にお引受けできる体制に致しました。

弊事務所は女性が多い、
 というよりも副所長以外は女性なのですが・・。

女性ならではの気遣いと、気配り
何よりも社長の良き相談相手として
一所懸命に社長様のお話をお聞き致します。

机上の空論でアドバイスをするのではなく、
会社の経営数値を毎月把握して、
その数字の意味するものをご説明致します。

この数字のまま行ったら、この先はどうなるのか、
どう改善したらよいのか、
社長様と一緒に考えます。

社長様がご自分のお考えを整理され、
経営上の意思決定をなさる上での
お役立ちができればと思っております。

お役立ち情報の提供、
事前のアラームの役割も務め
社長様に安心して経営に専念していただけるように
務めたいと思っております。

社長様の社外ブレーンになれれば嬉しいです。
posted by 小出 絹恵 at 19:15 | うちの事務所はこんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

今年もセミナーを行いたいと思います。

昨年、12月1日に開催させていただきました
資産家の皆様向けのセミナーは大変盛況でした。

ありがとうございました。

セミナーを開催させていただいて気づいたことは、
相続や遺言、事業承継ということに
感心がおありになる皆様が多いということです。

「とりあえず勉強をしておきたい。」
という人から、
「遺言書を作成したい。」という
具体的な要望をお持ちの方もおられました。

エンディングノートにも興味をお持ちのようでした。

エンディングノートは
書店でもいろいろなものが発売されているようです。

うちの事務所ならではのエンディングノートを
作ってみようと思っています。

そうしたら、
エンディングノートの書き方セミナーを
開催させていただく予定です。

難しくなくて、実践的で、
女性に優しいものを作りたいです。


posted by 小出 絹恵 at 18:26 | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
過去ログ
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596

【相談時間】
平日午前9時から午後5時
※予約をしていただくと土日祝も対応させて頂きます。