2015年06月23日

ご報告 トラブルを避ける遺言書の書き方セミナー〜具体的な事例を紹介します

平成27年6月9日(火曜日) 北沢タウンホール スカイサロン
全国相続協会相続支援センター世田谷相談室
TKC小出絹恵税理士行政書士事務所
講師 小出絹恵

☆トラブルになった遺言書の事例とその対処法をご説明しました☆

@相続税が高くなってしまった遺言書の例

A相続税が払えない相続人が出てしまった遺言書の例

B遺言書が偽物ではないかと裁判になった遺言書の例

C遺言者の意思能力が問題となった遺言書の例

D20年後に発見された遺言書の例

E指定した遺言執行人に遺言執行業務をしてもらえなかった例

F遺留分減殺請求が起きた遺言書の例

G不動産を共有で相続させる旨の遺言により、その後に問題が発生した例

H遺言者よりも先に相続人が亡くなってしまった例

I遺言書に記載のない財産があった例

J複数の遺言書が出てきた例

☆参加された方の声☆

☆説明が大変わかり易く良かったと思います。
かた苦しいのかな?と思いつつ来ましたが参考になりありがとうございました。
何か相談したい事例が起こりました折には宜しくお願いします。

☆二次相続も併せて一次相続をするという話に興味を持ちました。

☆何回かセミナー(相続について)に参加させて頂きありがとうございました。
毎回違った事例をお話していただけるので、大変わかり易く、理解が深まりました。

☆公正証書遺言の事は全く知りませんでしたので勉強してみようと思いました。

☆子供のいない夫婦の場合の例がとても印象深かったです。
ありがとうございました。

☆現金が少ないので、どう相続させるかと悩んでいましたが、具体的なお話を
聞くことができ、大変参考になりました。

☆非常に参考になりました。
次回の講演も楽しみに聞きたいです。



主催:一般社団法人全国相続協会 相続支援センター 世田谷相談室
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
電話:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596
http://www.zeirishi-net.gr.jp/
タグ:セミナー
【遺言・エンディングノートの最新記事】
posted by 小出 絹恵 at 10:24 | 遺言・エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月26日

遺言書の力ってすごいですね!

先日,ある協同組合主催の「相続・遺言セミナー」に
講師として呼ばれたときのことです。

講演後に、ある女性の方から、
「先生! 遺言書の力ってすごいですね」と
話しかけられました。

その方は、世田谷区にお住まいの方で、
以前に、別なところで、私の講演を聞いてくださっていたのだそうです。

講演で、私の遺言の話を聞いて、
すぐにご夫婦で遺言書を作成されたのだそうです。

そうしたら、何と、その3カ月後に
ご主人が突然のご不幸で・・・

でも、遺言書があったおかげで
相続手続きができたそうです。

もし、遺言書がなかったとしたら・・・

子供のいないお二人の場合、
ご主人の兄弟や姉妹、場合によっては甥や姪に、
ハンコをもらって歩くことになったかもしれません。

夫婦で築き上げた財産を
奥様の名義にするために、
普段、それほど付き合いのないようなご主人の親戚に
頭を下げて、遺産分割協議書に押印いただかなければならないのです。

「遺言書の力ってすごいですね」
という奥様の言葉は、
素直な感想だったと思います。


posted by 小出 絹恵 at 20:14 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月22日

仲間の子育ては皆で応援! 

DSC_0034.JPG
育児休業中の職員と事務所でランチ中です。

子育て経験者がたくさんいるので、
実家の遠い彼女には、何かと心強いのではないか
と勝手に思ったりしています。

たまにでも、お昼を事務所の仲間と一緒に食べることで、
気分転換にもなるし、
職場の仲間との距離も適度に保てて、
結構お勧めではないかと思います。


posted by 小出 絹恵 at 10:14 | 会計事務所新人日記・社員教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月19日

税理士のための租税法務講座 TKC・中央大学クレセント・アカデミー

DSC_0022.JPG
「税理士のための租税法務講座 TKC・中央大学クレセント・アカデミー」
中央大学での講義の一コマです。

小さくて見えにくいと思いますが、
黒板の前に立っているのが私です。

講義内容は「裁決事例の研究の仕方」です。

この講座は、税理士に出廷陳述権ができたときに始まりました。
毎年10月から翌年の7月まで、13年も続いています。

税理士と言えば、
仕訳・決算、税金計算をしてくれる・・・、
数字に強いというイメージだと思いますが、

税務調査や、税務訴訟など、
税務署との争いになると、
事実認定や証拠力、税法の解釈適用といったことが
大切になるわけで・・・
法律家的センスと能力が求められ・・・

最近は、世の中も変化してきて、
税務訴訟が話題になる時代になりました。

武富士の住所地の認定をめぐる裁判や、
競馬のはずれ馬券代についての判決が
新聞記事になったりする時代になりました。

税理士は、お客様を守るために、
法律家的センスも磨く必要があるというわけで・・・
その一つの場が、この中央大学での租税法務講座です。


posted by 小出 絹恵 at 10:33 | シルックの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月11日

はじめまして

DSC_0029.JPGはじめまして
かずま君です。5カ月になりました。
まだ、ハイハイはできません
職員の山下さんのベイビーです。
目下育児休業中です。

posted by 小出 絹恵 at 12:13 | うちの事務所はこんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年04月22日

セミナー開催のお知らせ トラブルにならない遺言書の書き方セミナー

トラブルにならない
遺言書の書き方セミナー

〜具体的な事例を紹介します〜

日 時 平成27年6月9日(火曜日)午後2時〜4時
場 所 北沢タウンホール12階 スカイサロン
講 師 小出絹恵税理士行政書士事務所  所長 小出 絹恵
参加費 無料ご招待

お電話でお申し込みください。
03-5486-9586

【所長プロフィール】
昭和63年6月税理士登録。
相続遺言コンサルタント、税理士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、
創業・経営革新アドバイザー、租税資料館賞選考委員、
租税法務学会理事、TKC東京都心会相談役。書籍多数

遺言書は家族の財産トラブルを事前に防止する愛のメッセージ
いざという時は、「水戸黄門の印籠」にもなります。
長寿、相続税増税時代、情報過多の時代に
遺言書とエンディングノートを活用して安心相続!

主催:一般社団法人全国相続協会 相続支援センター 世田谷相談室
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
電話:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596
http://www.zeirishi-net.gr.jp/

posted by 小出 絹恵 at 10:48 | 遺言・エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年03月24日

遺産分割が決まるまでの家賃収入は誰のもの?

アパートを所有している父親が亡くなった場合、
そのアパートの家賃収入は誰のものになるのでしょうか?

相続財産について遺産分割が確定していない場合には、
その相続財産は相続人全員の共有ということになります。

したがって、遺産分割協議が整わないため、共同相続人のうちの
特定の人(たとえば長男)がその収益を管理しているような場合であっても、
遺産分割が確定するまでは、共同相続人がその法定相続分に応じて
申告することとなります。

具体的な事例で考えてみましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お父様の亡くなった日が4月30日、
遺産分割の確定がその年の11月20日、
相続人は、妻と長男、長女の計3人
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1月1日から4月30日までの不動産所得は、
お父様の所得として準確定申告の対象となります。
 ⇒準確定申告による所得税額は
  相続税の申告では、債務控除となります。
 
遺産分割が11月20日に確定するまでは、法定相続分で共有状態ですから、
5月1日〜11月19日までは、
  母親 1/2
  子供はそれぞれ 1/2×1/2= 1/4

11月20日の遺産分割協議の成立によって、
アパートは母親が相続することになった場合、
11月20日〜12月31日は、母親単独での不動産所得となります。

結構、面倒ですよね。
長女が専業主婦であった場合、
所得が38万円以上になると、夫の配偶者控除が受けられなくなってしまうという
問題も起こります。

遺言書があれば、この問題は避けることができます。
この点からも、遺言書の作成は意味がありますね。





posted by 小出 絹恵 at 14:37 | 相続・事業承継対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年01月05日

今年もよろしくお願いいたします(^.^)

明けましておめでとうございます。
皆様、よいお年をお迎えのことと拝察いたします。

あと30年もすると、平均寿命が100歳になるといいます!          
歳を取らずに歳をとる?
老化しないで、年齢だけが重なる・・・???
これって、すごいことですよね。
何やら薬も開発されているとか・・・

かぐや姫のお話ではありませんが、
不老長寿の薬が人類の手に入ったということでしょうか?

そうは言っても、現実の世界は目の前にあります。
昨年に続いて、「気づいたことはすぐ行動」
できるだけ、この感じで今年も頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
       税理士・行政書士 小出絹恵
posted by 小出 絹恵 at 17:09 | シルックの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2014年07月01日

守護霊に見放されないように!(^^)!

「守護霊に守られている」
と感じることが あります。
皆さんは如何ですか?

今日、お客様とお話をしていて・・・、

その方は霊感のある方なのだそうですが、
私は、霊感とか、宗教とか、
どちらかと言えば縁のない方で・・・(^_^;)

あえて言えば、
自然がすべて神様、
みんな”いのち”を持っているという感じ カナ?

日本人的な感覚とでも言いましょうか、
何にでも人を重ねてしまい
擬人化してしまう傾向はあります。

電子レンジに返事をしたり、
掃除機に名前を付けて読んだり・・・

今日、お客様と話していて気づいたことがあります。

それは、
とにかく、一所懸命!誠実に!
そうすれば、きっとわかってもらえる。
そんな思いで仕事をさせていただいているけれど、

それで、守護霊に見放されないで済んでいる ノカナ
               ということです。
誠実に! 一所懸命!
再確認したひと時でした。




posted by 小出 絹恵 at 15:52 | シルックの一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2014年06月17日

創業補助金の申請締切は6月30日です

創業補助金の締切が迫ってきました。
6月30日が締め切りです。

昨日、ご相談に見えた方は、
創業融資を受けて、事業が進行中の方でした。

まだ開業はしていませんが、
準備のための資金はすでに使い始めています。

創業補助金の対象になるのは、
交付決定通知をもらってから支出した分なので、
現在支出している分は残念ながら対象にはなりません。

しかし、
これからずっと発生する家賃が補助の対象になる
のは有難い、ということで申請することになりました。

申請することになったからには、
早速、申請書類の作成です。

創業補助金の申請書類の記入用紙をお見せして、
HPからダウンロードできることを話し、
書けるところを記入してお持ちいただくようにお伝えしました。

これまでにご相談を受けた方の中には
「どう書いたら良いのか分からない」
という人もいらっしゃいました。

「とりあえず、書けるとことだけでも書いて持ってきてみて。
住所と名前だけでもいいですよ」
と言ってみました。

そうすると、住所と名前だけではなく、
そのほかのところも頑張って書いてみえました。

やはり、書き始めのハードルが高いのだと思います。

対面して、相談者の方の想いをじっくりとお聞きして、
「あなたは、○○○○したいって言っていたわよ。
それを書いたらどう?」
という感じで、相談者の想いを文章にするお手伝いを致します。

私は税理士ですから、数字の積み上げについてはプロ。
質問を投げかけて、考えていただくこともあります。
メールで添削することもあります。

面談、メール、電話を駆使して
何回ものやり取りがあって完成です。

今回の相談者の場合には、
創業融資の申し込みの際に事業計画を作成しているので、
それが、今回の補助金の申請にも役立ちますから
スムーズに進むと思います。

締切までの日数は迫っていますが、
間に合うように相談者と協力して頑張りたいと思います。


posted by 小出 絹恵 at 17:33 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
過去ログ
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596

【相談時間】
平日午前9時から午後5時
※予約をしていただくと土日祝も対応させて頂きます。