2011年02月16日

不動産賃貸業も楽じゃない!

不動産賃貸業をなさっているお客様から、

不動産業者は選んで付き合うようにしているとの
お話を伺いました。

特に最近は、
他の業者が持っている(仲介を受けた)物件の、
紹介だけを専門に行っているような業者さんが増えているとのこと。

これは、確かに言えています。
以前から、「元付け」、「客付け」なる言葉があったように、
大家さんからアパートの入居者募集を頼まれた業者さんと、
入居者を見つける業者さんとが別、
というケースは少なくなかったのですが、

時代はネット社会ですから、
ネットに接続すれば、不動産の情報も盛り沢山。

昔であれば、
大家さんと信頼関係を築いて
物件を預ることができる地域の不動産屋さんが
断然有利だったと思うのですが、

最近では、
ネットに強い業者が客付けをする傾向が顕著です。

でも、
不動産賃貸は、
契約更新や修理、
入居者とのトラブルなど
意外と面倒なことも多いもの。

入居者さえ決まれば
空き室が増え、家賃も下がって
不動産賃貸業も大変な時代になっています。

入居者が決まらなくて困っている大家さんへ
新手の営業のアプローチがあるようです。
そのあたりを見極める必要がありそうです。

今が賃貸物件を探している人が一番多い季節です。
この時期に入居者を決めたいものです。
2月中に見つからないようであれば、
周辺地域の相場を確認するなどして、
思いきって賃貸条件を変更する必要があるかもしれません。
posted by 小出 絹恵 at 19:48 | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2009年03月17日

空き室が増えています!

今年の確定申告をしていて感じたこと

それは、
 ”空き室が増えている”
        ということです。
不動産収入が減少したオーナー様が多くおられました。

収入が減っているのに、経費(修繕費)が増えて、
結果として、所得が激減されているオーナー様が
見受けられました。

その一方で、
新たにアパート経営を始められた方が
多かったのも、
今年の特徴でした。

春になると大学生の入居があるのに、
今年はそれが少ないと言います。

親のふところ事情で、
自宅から通える範囲の学校を選択する例が
増えたのではないかというのが、
そのオーナー様の分析でした。

「先生、これからのアパート経営は難しいですよ。」

数年前に、ご自分も複数のアパート経営をしている
不動産屋さんからお聞きした感想を思い出しました。
posted by 小出 絹恵 at 16:45 | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年06月01日

不動産の売却するときの注意点(一部を売却するとき)

土地の一部を分筆して売却するという場合があります。
そのときの注意点です。

広い敷地の一部を売却するためには、分筆することになりますが、
そのときには、できるだけ道路に接道する方を残しておいてください。

家を建てるためには、
敷地が最低道路に2m以上接していないといけません。(接道義務)

  「不適合接道」の物件はえらーく割安です。
   でも、家が建てられません。

そのために、道路に接した四角の土地と、
旗竿(はたざお)地と呼ばれる土地に分筆することになります。

そのときに、どういう風に分筆して売却するかは
後々に影響します。

分筆の仕方はよくよく検討する必要があります。
posted by 小出 絹恵 at 18:11 | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
過去ログ
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596

【相談時間】
平日午前9時から午後5時
※予約をしていただくと土日祝も対応させて頂きます。