2017年05月19日

袖看板が付きました!

袖看板

袖看板を新しくしました。
お客様にも大変好評で
皆で悩んで色や文字を考えたかいがありました!

posted by 小出 絹恵 at 11:32 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月22日

仲間の子育ては皆で応援! 

DSC_0034.JPG
育児休業中の職員と事務所でランチ中です。

子育て経験者がたくさんいるので、
実家の遠い彼女には、何かと心強いのではないか
と勝手に思ったりしています。

たまにでも、お昼を事務所の仲間と一緒に食べることで、
気分転換にもなるし、
職場の仲間との距離も適度に保てて、
結構お勧めではないかと思います。


posted by 小出 絹恵 at 10:14 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2015年05月11日

はじめまして

DSC_0029.JPGはじめまして
かずま君です。5カ月になりました。
まだ、ハイハイはできません
職員の山下さんのベイビーです。
目下育児休業中です。

posted by 小出 絹恵 at 12:13 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2013年04月08日

受け入れられる話し方

巡回監査では、お客様のご自宅や会社に訪問して
領収書や請求書を拝見して、・・・
という、数字を正しくタイムリーに把握することが
メインの仕事になります。

しかしそれと同じように大切なのが、
会社の業績アップに貢献できることです。

売上をアップさせるための方策、
経費の使い方の問題点
従業員さんの入社、退職のこと・・・

巡回監査は、会社や社長様の身辺に起きている
さまざまなことについて、お話を伺う機会でもあります。

丁寧にお話を聞くことが一番大切なのですが、
そのときに、ただ聞いているだけではなく、
こちらから質問することによって、
よりよいコミュニケーションが図れると思います。

人間誰しも、偉そうに「助言」などされると
あまり気分の良いものではありませんよね。

しかし、「・・・ですか?」
「・・・ということでしょうか?」
「ちょっと教えていただきたいのですが・・・?」というように
ご意見を伺うスタンスで会話をしてみると、

お客様は一所懸命説明してくださいますし、
結果として、経営改善の方策やヒントに
繋がることもあります。

大切なのは、実行されること。
会社の業績や人間関係の改善に繋がれば、
これに勝る喜びはありません。

posted by 小出 絹恵 at 12:20 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2012年01月10日

私たちは社外ブレーンになります

2012年、平成24年が始まりました。

弊事務所の所長である税理士の小出絹恵は、
昨年末に行政書士登録も行い、
会社法務や相続手続き、
遺産分割協議書作成等の書類作成業務も
積極的にお引受けできる体制に致しました。

弊事務所は女性が多い、
 というよりも副所長以外は女性なのですが・・。

女性ならではの気遣いと、気配り
何よりも社長の良き相談相手として
一所懸命に社長様のお話をお聞き致します。

机上の空論でアドバイスをするのではなく、
会社の経営数値を毎月把握して、
その数字の意味するものをご説明致します。

この数字のまま行ったら、この先はどうなるのか、
どう改善したらよいのか、
社長様と一緒に考えます。

社長様がご自分のお考えを整理され、
経営上の意思決定をなさる上での
お役立ちができればと思っております。

お役立ち情報の提供、
事前のアラームの役割も務め
社長様に安心して経営に専念していただけるように
務めたいと思っております。

社長様の社外ブレーンになれれば嬉しいです。
posted by 小出 絹恵 at 19:15 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2011年11月30日

2011年12月の事務所だより

シルック先生
いよいよ師走です。

本日1日に相続・資産家の方向けに事務所セミナーを開催します。
セミナーを前にずっと相続のことを考えていました。

 その前までは法人の節税のための原稿を書いていました。
 エコノミストに掲載されますので、ご興味のある方はおっしゃってください。
 掲載雑誌をプレゼントさせていただきます。

今は、相続の節税対策、円満な遺産分割のことを考えています。

来年には相続の大増税が多分あります。
今までなら相続税がかからなかった場合でも
基礎控除の減額で相続税がかかる人の割合が確実に増えます。

相続税も大変ですが、相続手続きも面倒になっています。
相続手続きに成年後見人等が必要になる局面も増えると思います。

お客様に寄り添って生きて行く中で
自然に受け止めていけるような優しい対応を心掛けたいと思います。

日本元気丸
プロ野球、日本シリーズが終わると選手達の悲喜交々の活動が始まります。FA宣言、ポスティングシステムによる移籍は幸せな部類ですね。しかし、球団からの戦力外通告を受けると、次の職場探し。球団に留まることができても、年棒交渉でアップすれば幸せ、ダウンすれば悲哀。毎年人生の縮図を見させてもらっています。
球団とファンから期待される選手であり続けること。年俸以上の活躍をすること。才能だけでなく、不断の努力を必要すること、肉体の衰えと相談しながら選手であり続けること。なんと大変なことか。
プロ野球選手ほどの稼ぎは得てはいませんが、自分の人生、後悔をしないよう日々努力をしなければいけないのだと痛感させられます。

HEAVEN 7
先日、腰を痛めてしまいました。原因は今ひとつよくわかりませんが、2、3日間は椅子にすわったり立ったりするのに注意が必要でした。今回わかった事ですが、腰を痛めただけで歩きにくかったり、椅子から立ち上がるのが大変だったり日常の色々な動作に支障が生じるものですね。今まで家族が腰痛になった時、冷淡だった自分を反省しました。
今は快くなっていますが、文字通り「腰は身体の要」とはよく言ったものだと感じ入った次第です。

りんご
街路樹が葉を落とし、イルミネーションへと衣替えをしていますね。
だんだんと街中が師走のせわしない雰囲気になってきたように感じます。

会計事務所もこれから年末調整、法定調書の作成、償却資産税の申告、確定申告とますます活気溢れる時期になります。
寒さに負けないように、体調には充分に気をつけて今冬を乗り越えたいと思います。


なすび
先日、今まで捨てられなかった洋服を思い切ってたくさん捨てました。
なんだか急に“今なら捨てられるっ!”と思い、夜中に整理を始めたのです。
今まで何度も整理はしているのですが、“まだ着られるから取っておこう”となかなか減らすことができませんでした。もったいないからと取っておいても結局着ないものは着ないんですよね。
捨ててしまえばそれまでなのですが、その捨てるという行動に移すまでが難しくて…。
行動にはタイミングと踏み出す一歩のちょっとした勇気が重要ですね。


かき
少し早めの大掃除を始めました。
物が増えていき、雑然とした部屋がいやだなと思いながらもなかなか片づける時間もなく、そのままとなっていたのですが、ふとしたきっかけで勢いよく片づけ始めました。
普段あまり使っていない本棚や物入れを見てみると、「こんな本いつ買ったの?」「このお店のポイントカード、いつ作ったんだろう?」とびっくりするものが続々と出てきました。
かなり時間がかかりましたが、使わないものは思い切って処分し、たくさんのゴミを出してとてもすっきりしました。

ゴーヤチャンプル
今回来日された『国民総幸福量』(GNH)世界一のブータン国王夫妻の滞在中の言動を拝見して、とても心温まるものを感じました。

また、3.11の震災以来、今までの生活が一変する出来事とも重なって、≪なにげない日常≫≪家族の大切さ≫などわかっていながら、気持ちの中で薄れていた事を強く意識する様になりました。

『幸福』とは・・・それぞれにきっと答えがあると思うのですが、先日心に響いた言葉がありました。

“悲観主義は感情で、楽観主義は意志の力による““幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ”

何事もまずは、本人の意識からですね。

さにか
Googleが今年6月にオープンした全世界の人と交流できるサービス「Google+」で日本一人気があるのは、女子大生で9月下旬からずっと、国内1位をキープしているそうです。
「自分にはなにも好きな事がないし、出来ることがないから」就活で困り、なにかしなければと始めたのがきっかけだそうです。
始めただけじゃなくて、継続して、反響を呼べるように分析して、国内1位。素晴らしいですね。
苦手な事を自分に課して続けられた彼女を見習って、新しいことを初めてみようと思えますね。
posted by 小出 絹恵 at 15:06 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2011年11月18日

2011年10月の事務所だより

シルック先生
10月4日の事務所セミナーには、多数の皆様にご参加いただきまして有難うございました。
セミナーも開花屋さんでの懇親会も皆様に喜んでいただけて本当に良かったです。
12月1日には、「賃貸経営と相続」についてのセミナーを北沢タウンホール最上階で開きます。
こちらの方もよろしかったらご参加ください。

日本元気丸
「断・捨・離」という本、キーワードが話題になっています。先日、本類を約60kg
ほど廃棄しました。部屋がスッキリしましたが、まだまだ処分しなければいけない本があります。けれども買ったのに読んでいない本が多いのには愕然としました。読書時間も増やさないといけませんね。うかうかしているとまた本の洪水になりそうです

HEAVEN 7
先日、家族で鎌倉に行ってきました。まだ紅葉の季節には早いのに北鎌倉の駅は大混雑でした。
円覚寺と鎌倉大仏、そして長谷寺に行きました。円覚寺は禅寺らしく荘厳に、長谷寺は由比ヶ浜を望む景色も美しく華やかに感じられました。 同じ鎌倉のお寺なのに全く異なる印象でしたが、そんな事を感じるようになったのも年齢を重ねたからかと思います。
年をとるのも悪くないかもしれません。


りんご
今年も早いもので、残すところあと2か月となりましたね。
1年を振り返ると様々な出来事が思い出されます。
私は年頭にその年の目標を決めるのですが、日々の生活の中で忘れがちになり、なかなか長続きしません。
来年は「継続は力なり」をスローガンに、毎日続けられることを目標にしようと思います。
ひとまず、私生活については家計簿をつけることとダイエット(!)になりそうです。

かき
最近、早朝ジョギングを始めました。
最初は腕の振り方が悪いのか、走ると何故か肩がこるという状態でしたが、この頃は少しずつ気持ち良く走れるようになってきました。
朝の空気は本当に気持ち良く、貴重なリフレッシュ時間となっています。



ゴーヤチャンプル
最近元気なのは女性!!
それも40才から50才台の女性が注目されているそうです。
この世代の女性は自分磨きにお金も時間もかけ、成果をあげているとの事!!
その一例が歳を重ねても美しい『美魔女』と呼ばれる女性たちです。
このパワフルな女性達の根底にあるのは若い時にバブルの時期を経験しているからとの事。
その体験が歳を重ねても常に前向きにいろいろな事に挑戦する原動力の様です。
華やかなるバブル時代・・・(確かに楽しい時代でした。)
その時代に学びながら、自分自身に投資する女性の強さはきっとまた新しい時代を作っていくのでしょうね。
『美魔女』は無理でも『増やすなら微笑みのシワを・・・』と日野原先生の言葉をかみしめながら、私も女性に生まれた事を十二分に楽しみ、好奇心旺盛に、さわやかに毎日を過ごしたいと思っています。


さにか
先日パソコンを渋谷店に修理に出した際、終始笑顔でとても丁寧に対応して頂き気持ちよく預けることが出来ました。後日、予告通りの日数で修理されたパソコンを受け取ったのですが直っていませんでした。お店の方の笑顔も対応にも満足していたのに、残念。
サービスは、笑顔と正確さとスピードが全部そろった時、満足できるのかな?と体験した出来事でした。
posted by 小出 絹恵 at 15:07 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2011年08月10日

現地確認の大切さ

久しぶりです配偶者に対する居住用不動産の贈与

奥様に、ご自宅の共有持ち分を贈与したいとのご依頼を受けて
ご自宅に伺いました。

やっぱり現地確認は大切です。

建物の利用状況が、登記簿登記簿謄本と違っていました。
posted by 小出 絹恵 at 14:37 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2010年09月10日

アクセス|小出絹恵税理士事務所


大きな地図で見る
誰に相談したらいいのかわからない時
お電話下さい。
お待ちしております。

東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
posted by 小出 絹恵 at 13:51 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2009年01月05日

お問い合わせ

何にお困りですか?
 
一人で悩んでおられないで
とりあえず相談してみてください。
メールをいただければ、税理士の小出絹恵から
ご連絡させていただきます。

ご相談は、簡単なものであれば、
そのお電話で済んでしまいます。
その場合には、相談料はいただいておりません。

「実際に会って相談したい。」とのご希望の方
が多いのも事実で、
その場合には、恐縮ですが、
30分 5,000円(税込 5,250)を頂戴しております。

メール(メールアドレス)にて
問い合わせいただければ、
こちらからご連絡させていただきます。

営業時間内(月曜日〜金曜日の午前9時〜午後5時)
であれば、メールではなく、
お電話(東京03−5486−9586)でも結構です。
 
税理士法の制約もあり、
ご相談に際しましてはお名前・ご住所等の個人情報を
お伺いさせていただきますが、
その場合の個人情報につきましては、
税理士に課せられた守秘義務がございますので、
ご安心ください。
posted by 小出 絹恵 at 14:10 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2008年10月29日

税理士は社長さんと社員さんとの潤滑油にもなります

社員さんからは、
ちょっと社長さんに言いにくい事が…

そうは言っても社長さんだって、
意外と言いたいことも言えなくていたりするんですよね。

それを税理士をクッションにして
上手く伝えあえたら

そういうコミュニケーションの図り方もあるかな
って思います。
posted by 小出 絹恵 at 18:03 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2008年09月11日

お客様のご要望は

昨日、
新しく顧問契約を結ばせていただいたお客様は、

本当に真面目そうな方で…。

うちの事務所におみえになる社長様の典型
のような社長様でした。

今までが、任せきりで何もわかっていなかったので、
これからは、自分もきちんと把握したい
というご要望をお持ちで

ちゃんとやりたいexclamation×2

いろいろと相談したいexclamation×2

いろいろ教えてほしいexclamation×2

と言われます。

私どもの想いも同じです。
一緒に会社を成長させましょうexclamation×2ぴかぴか(新しい)

posted by 小出 絹恵 at 13:56 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2008年01月04日

こんな仕事もしています。

うちの事務所ではこんな仕事もやっています。

★会社や個人の決算、確定申告、相続、譲渡等の税務申告はもちろん税金に関係のないようなことのご相談も多くお受けしております。
とりあえずのご相談を小出絹恵にどうぞのスタンスです。

専門家に相談した方がよいのかどうかの相談がしたいとき
誰に相談すればよいのか分からないとき
どうぞ、お声を掛けてください。

こんな仕事もやっています。

コンピュータ会計おまかせ下さい。
コンピュータ会計の導入をお手伝いさせていただいています。
コンピュータを使った経理の仕方、仕訳の起こし方、
給料の支払い方、帳簿や書類の整理の仕方等
「税理士って税金のことだよねぇ〜。
会計のことは誰に相談すればいいのかなぁ〜。」というご心配はご無用。

経理の仕方もご指導させていただいております。
 
●コンピュータが苦手な方でも経理改善をお手伝いさせていただきます。
「年に1回、決算にならないと数字がわからない。」というのでは困りますよね。毎月会社の経営数字が把握できるようにすること!
経理を会社の経営のために活かせるようにしましょう
お手伝いさせていただきます。

経営に役立つ経営計画書作成のお手伝いをさせていただいております。
毎月の経費がいくらかかるのか。
売上げはいくら無ければうちの会社はやっていけないのか。
どういう経費の使い方をしているのか。
一緒に考えながら、気づきや具体的な行動に結びつくような計画をたてましょう

資金繰りのお手伝いもしています。
銀行・信用金庫・国民生活金融公庫への借入れのご紹介をしています。
少人数私募債(中小企業が発行する少人数を対象とした社債)の発行もお手伝いしています。

社員研修社員家族の税金相談もさせていただいております。
丸2年間、月に1度の社員研修をさせていただきました。
研修は積み重ねです。
社外の人間からの客観的評価は、自社と自分の再発見につながります。
自ら行動する社員を育てること!
会社の規模を問わず、経営者の共通した悩みですね。

社長さんの想いを伝える相続・事業承継を基本姿勢にしています。
相続対策、事業承継準備も無理なく計画的に!
会社と社長個人とを総合的に考える視点も必要です。
税金面の有利な制度の活用はしっかりご提案させていただきます。
(小出絹恵の本業は税理士ですから)

住宅購入にあたり、頼まれれば個人的なアドバイスをしております。
宅地建物取引主任者試験もとっておりますが、なによりも
小出絹恵自身が不動産投資を行ってきた経験から
「私ならばこうする。」という視点に立ったアドバイスを
させていただいております。
不動産購入にあたって相談したいというご要望は強くて、
2割のお客様からご相談をお受けしております。

弁護士・司法書士・測量士等の専門家のご紹介
「損害賠償請求をされたのだが・・・」
「トラブルが起きないような契約書を作りたいのだが・・・」
「離婚問題で相談したいのだが・・・」
「交通事故を起こしてしまったのだが・・・」
「相続登記をしたいのだが・・・」
「土地を分けたいのだが・・・」
  人生、いろいろなことが起こります。
税理士は守秘義務があります。
安心してご相談ください。
posted by 小出 絹恵 at 16:15 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年12月12日

ショップの外観!

店舗の外観は大切です。
あらためて感じました。

下北沢の南口商店街を歩いてくると、
突然、目に入ってきたのが、ミスター○ーナッツです。

改装工事を始めて、外観が出現するまでの期間は
1〜2週間程でしょうか。
とにかく工事が早い!
それに加えて改装後の外観の見栄えが良い!

「下北○んぶり」という店が地下に入ってから、
その店の黄色い看板がやけに目立って、
ミスター○ーナッツの店が目立たなくなっていたのとは
対照的です。
ビルの主役がまた戻ったという感じです。

やっぱり お店の外観は大切ですね。
posted by 小出 絹恵 at 14:27 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年11月27日

税務調査あれども修正なし

うちの事務所のお客様に対する
税務調査のお話はしましたでしょうか。

去年の税務調査は0件でしたが、
今年は残念ながら、
税務調査が1件ありました。

それでも、おかげさまで
修正なしで終わりました。
お客様も大変喜ばれて、
私も嬉しく思います。

うちの事務所に変わられる前は、
3年に1度税務調査があり、
その度に何らかの指摘をされ、
修正申告をしなければならなかったということでした。

ですから、今回のように
税務調査があっても、
修正もなしで終わることがあるということに
社長も奥様も大変驚いていらっしゃいました。

私にしてみれば、
税務調査自体がないのが一番良いのですが、
今までの経緯から税務調査を受けることになった場合であっても、
税務調査の中で、まずは今までとの違いと分かってもらえれば、
次の税務調査は限りなく遠くなると思っています。

関与先企業様が税務署の心配から解放されて
経営に専念していただけること
それも会計事務所の役割だと思っています。
そして、数字を経営に役立てていただくこと!
業績把握をしっかりしていただいて
安心して経営に専念していただけることが
月次決算をしているメリットなのですから!

posted by 小出 絹恵 at 18:59 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年11月26日

○巡回監査

≪内 容≫
会計事務所を取り巻く環境変化とTKC会計人の取り組み
税理士の使命と巡回監査
TKCシステムの概要
初期経理指導のポイント
巡回監査の実務
FX2の活用 他

≪感 想≫
飯塚名誉会長の肉声を拝聴出来たことが何よりの収穫だった。会長の、日本税務会計への強い熱意をうかがい知れた。このことは今後、私の実務の大きな光となり道となると感じる。
また、TKCシステムの概要をつかむことが出来た。 関与先様とTKC会員事務所、TKC統合情報センターの相互関係をエントリ、FX2それぞれ大雑把ではあるが把握をした。
TKCは長年に亘って法令遵守を確保し、確立化しているのだと、年表などから感じられた。
申告のPC化、電子申告化など社会の流れに対していち早く取り組み、常に日本の税務をリードしていて、まるで国にまで頼られているような印象を受けた。
月次巡回監査や書面添付の履行など、業務のすべてが税理士法第一条を根幹にし、税理士使命を全うすることを追求しているのだと確信した。先生方、職員の方々全員に“誇りを持って仕事をしたい”という意識の共通化が図れているように思う。

≪今後の発展≫
TKCの名に恥じない仕事をしたい。継続MASや決算、相続など多くの仕事があるが、何よりも「正しい証憑書を的確に処理をすることがお客様を護る」ということを意識し続け、業務に反映させていく努力を怠らないようにする。それを十分ふまえた上で、監査や継続MASなど、直接的にお客様のお役に立ちたいと願う。
まずは実力を着けるためにも、どんな仕事でも真剣かつ積極的に取り組みたい。
posted by 小出 絹恵 at 13:35 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年11月09日

税務調査がないexclamation×2

税務調査が無いexclamation×2
やはりそれが一番
わずらわしくなくて良いですよね。

調査となれば、
やはり、多少緊張します。

税務調査は、終わってみないと分からない
ところが有りますから
修正が出ないで終わると、やはりほっとします。

たとえ少額でも、修正が出ると、悔しいですし、シュックでもあります。もうやだ〜(悲しい顔)

なぜなら、
うちの事務所は、税務調査の無い事務所exclamation×2
仮に調査があったっとしても
修正の出ない事務所exclamation×2
を目指しているからです。
まず、税務調査の心配から解放して差し上げて
経営に専念していただくことexclamation×2

それが 基本だと思っています。
posted by 小出 絹恵 at 16:40 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年11月05日

年末調整・確定申告も電子申告で!!

地震保険料控除ができました

年末調整の時期ですね。
今年から損害保険料控除の代わりに“地震保険料控除”ができました。

従来の掛け捨ての火災保険に対する控除は無くなって、
新たに地震保険に加入している場合に所得控除が受けられるようになりました。

従来の損害保険料控除がなくなったとは言っても、経過措置として、長期損害保険(最高15,000円の控除があったもの)については、火災保険料の控除と新設の地震保険料控除との有利な方が選択できることとなっています。

控除証明書の名称も「地震保険料控除証明書」となっています。ご自宅に届いている火災保険の控除証明書を確認してみてください。

いずれにしましても、生命保険料控除証明書や地震保険料控除証明書は、年末調整や確定申告に必要ですので、紛失されないようにくれぐれもご注意ください。

電子申告で税金が5,000円戻る!

来年もしくは再来年の所得税確定申告で、電子申告控除(5,000円)が受けられることとなりました。

例年なら年末調整で済んでしまう社員さんも、住基カードで電子申告をすることによって、電子申告控除額(最高5,000円)の税額控除のために電子申告をするということもできるわけです。年末調整で納めた税金のうち、最高5,000円が確定申告で戻ってくるわけです。5,000円が限度ですから、納めた税金が3,000円であれば、戻ってくる税金も3,000円までで、納めた税金以上には戻りませんが・・・・・。

電子申告控除を受けるためには、来年(平成19年分の所得税)の確定申告を行うときに、住基カード(電子認証付きのもの)を使って電子申告を行う必要があります。

この税額控除は、来年と再来年に限った制度で、どちらかの年で1回限り受けることができます。

ですから、まずは“電子認証付きの住基カード”を取得しておく必要があるわけです。

住基カードの取得は早めに!

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)のカード、いわゆる住基カードは、お住まいの区役所で取得することができます。

出張所ではできませんので、ご注意ください。世田谷区の場合には、松蔭神社前の世田谷区役所に、運転免許証やパスポートのような写真付きの身分証明書をお持ちになって申請されると、その場で発行してもらえます。

手数料は
世田谷区・大田区の場合
住基カード発行手数料1,000円
+ 電子認証手数料 500円
合 計 1,500円
です。

上記のように、世田谷区の場合には、住基カードの発行手数料1,000円と住基カードに電子認証を付けるための手数料500円との合計1,500円が必要です。

ちなみに、世田谷区と大田区以外では、住基カードの発行手数料が500円なので、電子認証を付けても合計1,000円で済みます。
世田谷区の住基カードは緑の木々(けやき?)の絵が印刷されていてなかなか素敵ですよ。個人的にはこのカードが結構気に入っています。

住基カードの申請手続は、区によって多少違っています。世田谷区の場合には、先に記したように、写真付きの身分証明書を持参すれば、その場で発行してもらえますが、渋谷区では、申請後、後日あらためて窓口に受け取りに行く必要があります。

最近は住基カードに写真を入れて身分証明書として利用される人もいらして、申請件数も増えてきたようです。来年になると、この電子申告税額控除の影響で、さらに申請が増えると予想されますので、早めに申請されることをおすすめ致します。

節税しながら退職金の準備!

「節税しながら退職金の準備ができる!」そんな上手い話があるのだろうかと思いませんか?

ところが、それがあるのです。

小規模企業共済制度がそれです。
これは、会社の役員と個人事業主の方が入れる退職金制度なのです。

国が全額出資している独立行政法人である中小企業基盤整備機構が運営しています。

“掛け金の全額が所得控除になります”から、極めて節税効果の高いものです。ちなみに、年間掛け金の上限である84万円を掛けた場合には、節税額は、最高で所得税と住民税合わせて42万円、節税利回りで考えたら、なんと利回り50%という大変な高利回りとなります。

個人所得に対する税率は、所得税・住民税を合わせて最低15%(課税所得195万円以下)から最高50%(同1,800万円超)まで、所得に応じた段階税率となっています。したがって、所得の高い人ほど節税効果も高いわけです。

定期預金の金利が1%もつかない時代ですから、この節税利回りは魅力です。そうは言っても、掛けられる金額には上限があって、月額にして70,000円が限度です。掛け金は1,000円〜70,000円の範囲で500円きざみで設定することができますが、限度額いっぱいの7万円を掛けるかたが多いです。半年払いや年払いにすることもできます。資金が必要なときには、掛け金残高に応じて借入れをすることもできます。

こんなに有利な制度なのですが、意外と知られていないようで、私が確定申告書の所得控除欄の該当個所を示して、「この“小規模企業共済等掛金控除”というのがそうなのですよ。」と説明すると、皆様驚かれて、「全然気が付きませんでした。」とおっしゃいます。

この制度は、小規模企業共済という名称がよくその性格を表しているように、小規模な事業者、具体的には常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業では5人以下)の個人事業主及び会社の役員でないと加入できないのです。

ですから、会社を設立したときには、とりあえずこの制度に加入されることをお勧めしています。従業員の人数による加入制限は、加入するときだけのハードルですから、その後に会社が大きくなって従業員が増えたとしても大丈夫なのです。
ところで、この制度は、そもそも退職金積立制度なのですから、給付事由は、個人事業者であれば“事業の廃止”、会社の役員であれば、“役員の退職か会社の解散”等、退職といえる一定の事由が生じたときに、共済金の請求をすることになります。

税金の面から見てみると、掛け金を支払ったときには、支払額全額が個人の所得控除となります。毎年、控除証明書が送付されてきますから、年末調整や確定申告で控除を受けます。

共済金を受け取るときには、退職所得となります。60歳以上の方の場合には、共済金の分割受取りという制度もあります。これなどは、まさに年金代わりに利用できます。

この制度に加入する場合の注意点は、
(1)加入後12ヶ月未満に共済事由が生じた場合や解約した場合には全額が掛け捨てになってしまうこと

(2)掛金納付月数12ヶ月以上84ヶ月未満で解約した場合には、掛け金の80%、240ヶ月で100%になりますが、それまでの解約は、段階的に元本割れが生じることです。

所得が195万円〜330万円であれば税率は20%、330万円〜695万円30%の税率ですから、解約したとしても節税利回りを考慮したら、元本割れにならない所得のある方であれば、安心して加入することができると思います。
いかがですか。
posted by 小出 絹恵 at 16:59 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月24日

○お役立ちするため、事務所は何をしなければならないか。

「社長が会計事務所に願う仕事の第一位は『基本的な助言』である」

基本的な助言とは
1.月次巡回監査で毎月しっかりと試算表を作成できること。
2.正しい会社の業績を、できるだけ早くにつかめるようにすること
3.会社の業績を数字で把握したら、それを、実態の経営を比較検証すること、
4.どこに問題があるのか、原因分析をすること、
5.改善の必要を検討すること、
6.具体的な行動に移すこと
7.行動後の結果を検証すること

どれも、月次巡回監査がベースである。
TKCならではの経営分析表や
黒丸白丸を使ったキャッシュフロー計算書を図表にしたもの、
他の会計事務所で提供しようとしたら、
膨大な手間と費用がかかるようなサービスが、
月次顧問料の範囲内でできるのも、
オールTKCならではのこと!

○ 四半期業績検討会を行うこと
オールTKCで自計化をしていれば簡単にできる。

○ 決算事前検討会を設けることで決算予測が行えて、
黒字決算と納税資金の準備も出来る。

○ 利益計画もできるので、
資金繰りや予算比較などで経営計画をたてやすいし、
まさに『助言』業務を網羅していると明言出来る。

≪感 想≫『助言』ということは、
監査担当者の必須能力は【分析力】であると思う。
TKCには経営改善に役立つツールが多数存在する。
お客様とお話をする際には大いに活用し、
最適案を打ち出していきたい。
お客様は何を求めているのか、
そのためにはどうしたら良いのか。
当たり前のことではあるが誠心誠意、努力したい。

≪今後の発展≫
多種多様なTKCシステムを知ることが第一である。
普段からあらゆるメニューを開き、
経営改善に役立つプログラムの存在を覚えることから始めたい。
またお客様の希望を察知する力を身に着けていきたい。
要点をずらさず、的を絞ってお話をしたいと思う。
利他の念を忘れずにいたい。
posted by 小出 絹恵 at 10:54 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月10日

会計事務所新人日記 26日目

≪研修内容≫
ビデオ研修
「ここで差がつく会計事務所発展のポイント 月次巡回監査(1)」

巡回監査はなぜ必要か

監査をどこまで行うか

お客様の業務の流れと関連作成証書

平成9年の消費税改正におけるTKCの対応

TKC活躍による、衆議院可決「地方自治法」修正案一部

お客様訪問時注意点

≪感想≫
巡回監査とは、現場において伝票と原始記録を確認し、
真実性を探究することである。
とTKC飯塚会長のお言葉を収録した貴重なビデオテープであった。

巡回監査はお客様の適正納税を確固たるものにするために適正な手段であり、
成長発展をサポートすることのできる、重要な業務である。

監査の際はお客様の業務の流れをしっかり把握し、
発生すべき証憑がきちんと保管されているか、
どこかに狂いは生じていないか等、
取引のスタートからゴールまでが一本の線で繋がっているように
明瞭化されていなければならない。

TKCシステムは消費税改正など法令改正にも完全対応しているので、
もれなく正しく処理していれば、
お客様の企業生命の保証になると感じた。

お客様の業務体系を理解することが大切である。

まずはそこから始め、証憑書類と伝票の突合等へ派生させていきたい。

原始記録管理の重要性を常時念頭に置いておく。

TKCの先生が
「これから職業会計人は、監査が出来る人間と出来ない人間の二極化していく」
と明言されていた。

国際会計基準に整備されつつある日本会計に
とりのこされないよう、努力が必要である。
posted by 小出 絹恵 at 11:25 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月09日

年1 「年1決算」ではつかめない!

「年1決算」
会計事務所の業界用語とも言うべきこの言葉
決算になって1年分をまとめて処理して決算を組むことを言います。

「年1決算では、分からないことが多すぎます。
やっぱり月次が良いですね。」

これは、初めて年1決算を組んだ職員の言葉です。
そう、決算になって、まとめて1年分の伝票と証憑(領収書)を
見ても、分からないことが多いのです。

社長の記憶もあいまいになり、確認しにくいのです。
先月のことならば覚えてもいられるけれど、
去年のこととなると、どうも・・・???
  ということになりがちです。

時間的にも厳しい!
税務申告期限は決まっていますから、
それに間に合わせることが最優先となってしまいます。

したがって、決算は「税務申告のために仕方なくやる」
ものになってしまいます。
経営に役立つ決算には、到底なりえません。

毎月、きちんと整理し、確認して、
自社の経営状況を数字でしっかりと把握!

そこから、税務調査の心配のない
信頼性の高い決算・税務申告書ができるのです。
もちろん、融資や経営に役立つことは言うまでもありません。
posted by 小出 絹恵 at 19:28 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月05日

会計事務所新人日記 25日目

≪研修内容≫
ビデオ研修
「ここで差がつく会計事務所発展のポイント」

起票、起帳指導編
初期指導の重要性
TKCシステム利用のメリット
証憑書類の保存、ファイル、期間
現金処理 等

≪感想≫
TKCのシステムは練りに練って組まれているものであろう
と考えていたが、想像以上だった。

本当に“関与先企業の成長発展に貢献する、
法律に準拠したシステム”であった。

必ずお客様にお伝えしなくてはいけないのは、
伝票を起票するのはお客様ご自身であるという事。

会計事務所が代行してしまうと、
その記録は他社作成として扱われ、
法的に証拠能力を持たなくなってしまう。

経営状況を把握するためにも、
お客様に起票していただく必要性を納得していただけるように
お話しなければならない。

証憑書類の保管もルール化し、
欲しい情報をいつでも取り出せるようにしておくのは当然であるが、
今現在特に取り決めをしていない場合は、
TKC推進の方法でファイルしておくと安心・確実であると感じた。

TKCは非常に優れたシステムであり、
これを使いこなせればどんなお客様にでも、
適した最新の情報をお伝えできると思った。

焦らずに少しずつなれていき、有効利用できるようにしたい。
きちんと理解したうえで、
起票、起帳の指導を行うべきである。
posted by 小出 絹恵 at 15:56 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月02日

電子申告が便利です!

電子申告になって、とても助かっていること!
それは、タイムラグがないことです。

国税庁にアクセスしてデータを発信したら、
即 申告完了です。

今までなら、申告書は、投函日(発信主義)でOKだけど、
届出書は月末までに税務署に到着して(到達主義)いないと
いけないから、余裕を持って郵送しないと・・・。

なーんてことを心配しなければなりませんでしたが、
電子申告になって、その心配もなくなりました。

もっとも、平成18年度の税制改正で、
到達主義の原則を維持しつつも、
発信主義でOKな種類が大幅に増えました。
 よかった! よかった!

*注)国税通則法22条が改正され、納税申告書等に加え、「国税庁長官が定める書類」についても発信主義が適用されることになりました。

ついでに、税務手続に関する書類は「信書」に該当するので、
「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付して
欲しいそうですよ。

宅配便はダメということですね。郵政公社の民営化に伴って
平成19年10月1日以降は小包郵便物は郵便物に該当しなくなったので、
これもダメということですから注意してください。

具体的な信書の内容については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/yusei/shinsho_guide.html)
をご覧ください。

「税務手続に関する主な書類の提出時期の一覧」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/teishutsujiki/periodList.htm

ちょっと細かいですが、根拠条文をお知りになりたい方はこちらをどうぞ
「発信主義の適用範囲を定める告示の制定」http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/teishutsujiki/policy.htm

posted by 小出 絹恵 at 11:30 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年10月01日

会計事務所新人日記 24日目

≪研修内容≫
TKC職員研修:鈴木信二先生

「売上債権、在庫」
売上債権(受取手形、売掛金)の確認方法
棚卸資産
証憑書類
伝票事項

≪感想≫
売掛金は納品書控、請求書控と突合し、
売掛金明細表と補助簿の各残高が一致することを確認する。

未収金に当たるものなど、売上以外の混入がないかを確かめる、との事だった。

正しく科目分類しないと、
営業利益率などに狂いが生じてしまうので注意が必要である。

棚卸も、可能な限り実地棚卸を行うべきである。
在庫管理を適正にし、受払帳を合致させなければならない。

証憑書類については、内部発行のものは全て連番を付し、
書き損じの分も含めて正しく保管しておく。

また支払証明書や旅費清算書の注意事項、議事録や書類範囲証明書付表など、
様々な書類の意義を教えていただき、大変勉強になった。

全ての書類について、必ず関連性があるはずなので、
それがどこかで途切れていないか、狂っていないかを一つ一つ追っていきたい。

証憑書類はお客様をお守りする大切な証拠であるので、
不備のないよう、正しく保管することが、重要となる。

チェック済みのものには自分独自のチェックマークを入れるなど、
分かりやすい工夫もしていきたい。
posted by 小出 絹恵 at 15:16 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 23日目

≪研修内容≫
所長 副所長研修
「現金管理、処理」

・前月の日付の領収書の取扱い(通常月、決算月)
・起票の間違えやすいポイント
・現金勘定とは
・決算時に注意
・お客様とお話しする際の心得
・税務署の見解

≪感想≫
前月の領収書が今月に混在していた場合、
通常月であれば、金庫出金日で起票し、
実際の仕入れ日を領収書発効日にし、
決算月であれば、「経費科目/未払金」で処理し、
実際出金した日に「未払金/現金」で起票をする。

お客様の年度営業成績や納税額に関わることなので、
決算だからといって翌月の伝票を確認しないということはあってはならない。

現金とは、会社の金庫のお金を指しており、
預金やポケットマネーを混同させてはならない。

起票日付も含め、考え方の違いが起きやすいので、
正しく丁寧にお伝えしなければならない。

税務署は経費もれは指摘しないが、
売上の漏れは厳重にチェックし、付帯税を課そうとする。

しかし、私たちは、利益に影響のあることなので
売上も経費もしっかり確認しなければならない。

また、人間は誰しも自分正しいと思っているのだという。
お客様とお話しする際にはそのことに留意し、
気分を害すような言動は慎むように気をつけたい。

posted by 小出 絹恵 at 15:15 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 22日目

≪研修内容≫
高橋和尚研修
「TKC会計人の基本理念」

「TKC会計人は公認会計士と税理士とを
等しく職業会計人として捉え、
両者の一体化を指向する集団である。」

≪感想≫
「TKC会計人の基本理念25項目」の中の一つ、

「公認会計士協会の会員中には、
税理士を職業会計人ではないと公言する人々がいるが、
これは完全な誤りである。

歴史上に経緯があり、
そして現在、仕訳という会計学上の事実を踏まえて職業が成り立っている点で、
共に職業会計人といえる。

共に唇歯輔車の関係を作り、
一体化を指向すべきが当然である。」とのことだった。

これは昭和の時代の事であり、
これから税理士はどうあるべきであるか考えさせられた。

若い世代の税理士が増え、
しかし、それ以上に公認会計士が増えようとしているこの時代の、
正しい在り方を様々な角度から考えねばならない。

公認会計士の主務は監査であり、
税法を知識網羅している人間は少ない。

業務の本質が全く違うという意見を聞いたことがある。

色々な物事を自分自身で判断し行動していく為にも
目前のことに没頭せず、
視野を広げていく必要がある。

何かに固執せず、
その時々に合わせた対応が出来るような柔軟な姿勢でいたい。
posted by 小出 絹恵 at 15:14 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 21日目

≪研修内容≫
ビデオ研修
「決算監査の基本的ポイント」

決算監査の事前準備
勘定科目内訳明細書作成の準備
月次巡回監査から決算監査までの流れ
決算監査時の注意事項

≪感想≫
知らないことばかりで、細かく書きとめていたら
レポート用紙7枚分にもなってしまった。

前提として、決算はお客様ご自身が行うものであり、
会計事務所はその監査、指導をする役割である。

事実は事実としてとらえ、
スピーディーで理想的な決算を行うべき、との事だった。

決算監査の準備としては、
月次巡回監査時に“決算準備事項一覧表”をお客様にお渡しし、
決算監査までにクリアにしておいていただく、ということと、

前期の勘定科目明細書をプリントアウトし、
今期の数字を赤ペンで書き込んでいただく、などであった。

決算監査時には、用意していただいた資料を元に、
決算監査報告書の各項目にのっとり、
一つ一つを正確にチェックしなければならない。

私の知識不足や見落としによって、
お客様にご迷惑をおかけするようなことは絶対にあってはならない。

細心の注意を払って監査を行っていく。

決算監査では月次巡回監査では分かりにくかった通年の確認ができる為、
定額の費用発生が続いていないか、
不自然な支払、収入が連発していないかなど、
総合的にチェックを行いたい。

特に切手や印紙、商品券などの金券は、
不正な資金作りに利用されやすいので入念に確認するようにする。

posted by 小出 絹恵 at 15:11 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 20日目

≪研修内容≫
副所長研修「巡回監査時の注意点」

概況書作成時、源泉の手入力
経営アドバイスの支援ツール
監査担当者として行うべきこと

≪感想≫
概況書作成の際、源泉を手入力しなければならない。

多くのお客様は、預り金に源泉以外のものも混入しているので、
一つ一つを拾い出していく事が必要とのこと。

巡回監査においては、単に巡回監査報告書チェックリストに基ずいて
チェックを行い、試算表をお渡しすれば良いというものではなく、
お客様の経営に役立つアドバイスをすることが大切なのだ!ということだ。

それが小出会計の業務の付加価値を高めているのだと思う。
このことが、お客様にも業務品質を実感していただける重要なポイントとなる。

経営指標・株価業種別審査辞典や、
最新の経営指標、FXの業績評価画面など、
TKCならではの情報提供システムを活用して、
業務内容の向上に役立てていただくことが必須である。

源泉の確認は、預り金に関わる全ての仕訳を印刷し、
源泉に該当する金額をマーカーで選び、集計する。

巡回監査時は、事前の準備の一つとして、
同業者情報、業界におけるお客様の状態の目安、
前年との比較などを調べ、改善案を考え直しておく。

また所長のように、普段からお客様に役立つ情報を
新聞記事などからピックアップしておくことも行っていきたい。

posted by 小出 絹恵 at 15:10 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 19日目

≪研修内容≫
エントリー入力

≪感想≫
たいへん丁寧に教えていただき、ありがたかった。

段取り良く教えて下さったので、とても理解しやすかった。

消費税の課税区分や、費用、収益も再確認でき、
実務に則した内容だったので、即入力出来た。

入力内容の確認時も一つ一つをクリアにしながらの消し込みだったので、
初心者にはわかりやすかった。

職員同士のフォローが行き届いている事務所だと感じた。

全員が協力体制を気付いている印象を受けた。

諸先輩方の手をわずらわせることのない様、努めていきたい。

ゆくゆくは私もフォローしていけるようになりたい。
posted by 小出 絹恵 at 15:09 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

会計事務所新人日記 18日目

≪研修内容≫
【副所長研修】
費用、収益の対応関係(B/S、P/L)
課税売上にならない売上とは?

≪感想≫
B/Sに車両があったら、
→P/L 租税公課(自動車税)や、旅費交通費(ガソリン代)が出てくるはず

P/L 受取配当金があったら、
→B/S 投資有価証券 や 出資金があるはず 
と、わかりやすく教えていただいた。

B/S、P/L単体だけでしか見ることが出来ていなかったので、
今後は、科目の発生事由、結果を考えて、
日々の取引を確認していきたい。

また、基本的に@課税売上⇔D課税仕入、
B非課税売上⇔G非課税仕入であり、
対応関係を念頭に置かねばならない。

課税扱いにならないものとして、
商品券、テレホンカードなどは
D非課税仕入→B非課税売上だと、
知識が深められた。

発生した事柄だけに注力するのではなく、
前後の流れや対応する事象等を確認した上で
業務を行わなければならない。

物事を関連付け、
発展させて考える癖を身に付けていきたい。

posted by 小出 絹恵 at 15:07 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。