2009年05月22日

家賃集金代行はexclamation×2

アパート家賃の管理集金業務を
不動産屋さんに代行してもらっている
オーナーさんも多いと思います。

その一つであった日本ゼビオが破綻exclamation×2

同社が代行して集金した家賃はもちろん、
入居者からゼビオが預かっている敷金も
危ないexclamation×2

弁護士さんから届く
債権届出書exclamation×2

これって、何だか虚しいですね。
posted by 小出 絹恵 at 18:58 | 書面添付・申告書の信用力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年09月10日

金融機関交流会

今日は金融機関交流会でした。

三菱東京UFJの各支店の現場担当者が21人来てくれて
TKC都心会の先生方との交流会です。

三菱さんとTKCとの提携関係は30年近くになると言いますが、
私達TKC会計人の業務のやり方や、
TKCシステムの信頼性の高さについては、
知っていただいているようでいて、
意外とそうでもなかったりするようで、
こういう交流会を通じて、ご説明させていただくことで、
改めて認識いただく機会を持てたことは有意義だったと思います。

社会的信頼価値のある決算申告書を作成したいと
ずっと願って頑張ってきたのですから。
posted by 小出 絹恵 at 22:35 | 書面添付・申告書の信用力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2006年03月31日

〜融資が受けられる申告書〜


最近、決算書を基に融資の可否と貸出金利を決める銀行が増えてきました。

先日、うちのお客様が初めて融資を申し込んだら、
銀行の融資課長さんが私に会いに事務所にお見えになりました。

来所の目的は、

@税理士の保管している申告書とお客様が銀行に提出した申告書とが同じものであるかどうかの確認、
A申告書を作成した税理士と直接面談することで、税理士の姿勢、会社への関与度合い等の確認です。

「税理士はみんな真面目でしょ。」という私に、
課長さんが、「申告書を見て、先生にお会いすると、いろいろな先生がおられますよ。」と。

話は弾んで、6月にロードショーされる「不撓不屈」映画鑑賞券も2枚、ご購入いただきました。
肝心の融資は、うまくいきそうです。

今日、TKC会報4月号の大武健一郎氏の提言を読むと、

「中小企業の一番近いところで日々悩み、考え、実践している税理士」
「月次決算、月次審査の徹底により、財務諸表の質を担保すべき時代」
「正確な財務諸表は適正申告につながるだけでなく、経営の発展に役立ち、融資を受ける場合にも有効」

その言葉の一つ一つに納得しながら、先日の銀行マンを思い出していました。
posted by 小出 絹恵 at 16:07 | 書面添付・申告書の信用力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
過去ログ
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596

【相談時間】
平日午前9時から午後5時
※予約をしていただくと土日祝も対応させて頂きます。