2014年06月17日

創業補助金の申請締切は6月30日です

創業補助金の締切が迫ってきました。
6月30日が締め切りです。

昨日、ご相談に見えた方は、
創業融資を受けて、事業が進行中の方でした。

まだ開業はしていませんが、
準備のための資金はすでに使い始めています。

創業補助金の対象になるのは、
交付決定通知をもらってから支出した分なので、
現在支出している分は残念ながら対象にはなりません。

しかし、
これからずっと発生する家賃が補助の対象になる
のは有難い、ということで申請することになりました。

申請することになったからには、
早速、申請書類の作成です。

創業補助金の申請書類の記入用紙をお見せして、
HPからダウンロードできることを話し、
書けるところを記入してお持ちいただくようにお伝えしました。

これまでにご相談を受けた方の中には
「どう書いたら良いのか分からない」
という人もいらっしゃいました。

「とりあえず、書けるとことだけでも書いて持ってきてみて。
住所と名前だけでもいいですよ」
と言ってみました。

そうすると、住所と名前だけではなく、
そのほかのところも頑張って書いてみえました。

やはり、書き始めのハードルが高いのだと思います。

対面して、相談者の方の想いをじっくりとお聞きして、
「あなたは、○○○○したいって言っていたわよ。
それを書いたらどう?」
という感じで、相談者の想いを文章にするお手伝いを致します。

私は税理士ですから、数字の積み上げについてはプロ。
質問を投げかけて、考えていただくこともあります。
メールで添削することもあります。

面談、メール、電話を駆使して
何回ものやり取りがあって完成です。

今回の相談者の場合には、
創業融資の申し込みの際に事業計画を作成しているので、
それが、今回の補助金の申請にも役立ちますから
スムーズに進むと思います。

締切までの日数は迫っていますが、
間に合うように相談者と協力して頑張りたいと思います。


posted by 小出 絹恵 at 17:33 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2013年08月16日

200万円の創業補助金はこうして始まりました

創業補助金として200万円、
補助金申請を支援させていただいた女性が
国から補助金をいただけることになりました。

それは、会社を設立したいとの1本の電話から始まりました。

これから会社を設立したいと思っているのですが・・・
ということで、事務所にお越しいただき、
お目にかかった女性は、赤ちゃんのいる主婦の方です。

お話を伺っていると、
事業への熱い想いが感じられます。

そこで、
「こういう補助金があるのですが、一緒にトライしてみませんか?」と
創業補助金について、
資料をお見せしながら説明をしてみました。

補助金申請のためには、
事業計画書と申請書を作成する必要があります。

○事業の内容
○製品・サービスの独自性
○市場の特性・市場規模
○創業する動機・きっかけ・将来の展望
○事業年度計画
○売上・利益等の計画
○事業に対する知識・人脈・熱意等
○価格設定・販売促進活動
○資金調達方法
○経費の明細
 等について、一つ一つ書いていく必要があります。

記入フォームを見ながら、一緒に考えます。
どういうことを書くかを確認したうえで、
実際に記入していただき、それを直し、
整合性を確認し、・・・
その繰り返しを何度か行います。

その上で、認定支援機関である私(小出絹恵)が
事業計画書の確認書を作成し、添付して申請します。

認定支援機関とは、昨年から新たに始まった国の認定制度で、
中小企業の新たな事業活動の促進のために活動する機関を
国が認定したものです。

 (私は、その認定支援機関として認定されておりますので、
  補助金や助成金の募集情報をメールで受け取ることができるのです)

補助金の申請書には、
認定支援機関の確認書と、
金融機関と認定支援機関との同意書も必要です。

これは、創業しようとしている事業者を
金融機関と認定支援機関(私)とが
協力して継続的な支援を行っていくことを確認する書類です。
これが揃って、認定申請になります。

審査の結果、補助金がいただけることになって、
私もとてもうれしいです。

会社設立はこれからです。
会社ができたら、社長さんと協力しながら、
営業と経理の両方をしっかりとやっていただけるように
しっかりとサポートさせていただくのが、
私の仕事だと思っております。

出会いって不思議ですね。
posted by 小出 絹恵 at 15:39 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2013年04月11日

補助金・助成金

経済産業省中小企業庁から
「中小企業・小規模事業者向支援策チラシ」が送られてきました。

経営革新等支援機関になっている関係で、
こういう情報が送られてくるのはありがたいことです。

ただ、平成24年度補正予算の関連ということで、
申込み期限が3月31日までのものも多くて、・・・

この補助金が利用できそうなお客様にすぐに電話をかけて、お伝えしました。
申込み期限が4月15日の「ものづくり補助金」については
申請してみることになりました。
posted by 小出 絹恵 at 11:44 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2008年09月18日

高利のお金は借りないでexclamation×2

昨日

電話をいただいた人の事が
気になっています。

高利のお金を借りたりしなければいいけれど…

早く貸してくれるところを
探していたのが心配です。
気に入った店舗が見つかって、
その契約前だったりしたのかもしれません。

もしそうだったりしたら、…

電話で話せることには、
限りがありますから、

どこまで分かっていただけたか…exclamation&question

posted by 小出 絹恵 at 12:29 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2008年09月17日

開業資金の借入れはぴかぴか(新しい)

今日、
飲食店を開きたいという方から
電話がありました。

創業資金の融資を受けたいのだが、

国金に断られてしまった。

保証協会を使うと、

融資までに1〜2ヶ月かかると言われた。

もっと早く借入れができる方法はないか。

というものです。

創業支援とはいっても、
融資審査はあります。

実績を示すことができない
起業したばかりの会社はなおさらです。

借入れには、

時間的に余裕をもって
戦略的にexclamation×2
posted by 小出 絹恵 at 23:42 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2007年11月27日

新規の個人事業者様からの依頼が増えています!

個人事業者の方からの依頼が増えています。

新規に事業を始めようという人が増えているのは、
とても良いことです!

日本は今、開業よりも廃業の方が多いという状況にある
(中小企業白書)ということで、
国も中小企業対策に躍起です。

もっとも、開業しようとする人達は
国を当てにしてはいません。
自分のやりたい事を事業として始める!
長年の夢を実現したい!
という想いで、始められています。

小資本で結構!
まず個人事業で始めてみて、
軌道に乗ってから会社組織にする
というのも良いと思います。
若い人の起業の姿に
無理のない身の丈にあった起業のスタイルを
見るおもいがします。




posted by 小出 絹恵 at 19:12 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2006年05月23日

創業支援!

ある銀行の支店長さんとのお話です。

飲食店を開きたいという社長さんからの融資申込み

「手持ち資金は?」と尋ねると、

全部借入金でと考えているらしい。
必要資金2,000万円のうち、
1,000万円はすでに他の金融機関で借りている。
残りの1,000万円を貸してくれないかとのこと。

「売上げの根拠は?」

「以前自分が勤めていた店の売上が1日当たり○○万円だったから、
自分なら○○万円くらいは・・・。」
  これでは、ちょっと???

「資本金はいくらでも良いというけれど・・・。」

開業しても、最初から上手くいく保証はないのだから、
せめて、半年分はどうにかなる位のお金を準備しておいて欲しいですねぇ。

創業支援!
厳しい助言も転ばぬ先の杖!

夢中になっている社長さんに、
冷静な立場からの意見は貴重です。

金融機関が中小企業支援に本腰を入れてきた証だと思います。



posted by 小出 絹恵 at 17:58 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集

2006年04月28日

経営革新支援法の承認をお手伝い!

「経営革新支援法の承認」をお手伝いするために、
経営計画書の作成時や巡回監査時に

社長さまのお考えになっていることを、
コーチングスキルを使ってお聞きし、

それが、経営革新支援法の対象にならないものなのか
キャッチし、社長さまと一緒になって検討して、
東京都中小企業支援センターに一緒に行って相談する。

先日、25日夜6時から、
TKCの世田谷目黒支部支部会において、
中小企業支援センターの方を講師をお招きして、
支部研修会を行いました。

どういう案件が「経営革新支援法」の対象になるのか。
具体的に承認を受けるための手順、
申請書類の作成を行うには・・・。

常に、新商品、新サービス、新しい営業方法を
考えていらっしゃる社長さまを応援するために、
私も頑張らなくては!


posted by 小出 絹恵 at 11:48 | 起業・創業支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
過去ログ
東京都世田谷区代沢5-36-11-2F
TEL:03-5486-9586
FAX:03-5486-9596

【相談時間】
平日午前9時から午後5時
※予約をしていただくと土日祝も対応させて頂きます。