2018年01月31日

一括借り上げ、家賃保証にも落とし穴

一括借り上げ、家賃保証にも落とし穴


つい最近の新聞に

家賃保証一転 空室と借金

という記事が載りました。

お読みになった方もおられるのではないでしょうか。


東京でサラリーマンを対象に

「シェアハウス投資」というのをすすめてきた会社が、


オーナーの皆さんを集めた説明会で、


〇家賃が1月から払えなくなった。

2月以降の分についても目途が立たない。

と、いろいろと言い訳しながら説明したというものです。


年収700万円のサラリーマンが

1億円の借金をした例もあるようです。


投資をするときには、

上手くいくことが前提になっている場合が多いですが、

このような例も実際に起こってしまいました。


もっとも、一括借り上げシステムについては、

いろいろな業者さんがいて、

多々トラブルが発生していたようですが・・・。


一括借り上げだから安心、とは言えないと、

10年ほど前に、不動産業者さんから聞きました。


6年ほど前になりますが、

一括借上げ式のアパート建築を広く行っている

有名な業者さんがホテルで大々的に主催した

オーナーさん向けのパーティーに、

誘われて出席したことがあります。


異様な盛り上がりと独特な雰囲気に、

「これがもしかしたら催眠商法?」と感じたことを

この新聞の記事を読んで思い出しました。


20歳代、30歳代のサラリーマンの中には、

投資に積極的な人たちが増えてきているようです。


580億円分が流出したと言われる仮装通貨取引所の事件でも

被害者が28万人もいると聞いて正直驚いています。


それだけ資産運用に積極的な若い人たちが増えている

ということでしょうか。


もし、自分の周りで、

「億り人」(投資で億のお金を稼いだ人)がいたりしたら、・・・


自分もやってみよう、と思うかもしれません。

資産運用や投資は大切です。

その意味からも、若い人たちが投資に前向きなのは、

素晴らしいと思います。


勉強や研究、時間も大変でしょうが・・・、

楽しみながらできたら最高ですね。

posted by 小出 絹恵 at 12:19 | 最近気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。