2018年01月24日

申告期限までに申告しないとやっぱり大損!

確定申告の季節がやってきました。

申告期間は「216日から315日」です。


  還付申告の方はそれより前に申告してもOKです。

  消費税の申告期限は331日です。


  (平成30年は、42日になります)


申告期限 イコール 納付期限なので、

 所得税は315日までに

 消費税は4月2日までに、

申告と納付の両方を済ませる必要があるのですが、


振替納税の手続きを済ませている方の場合は、

 今年(平成30年)は、

  所得税が420日振替、 

  消費税が425日振替

       となっています。


ところで、申告期限までに申告しなかった場合には、

無申告加算税や延滞税がかかるのですが、


「私は還付申告だから、期限に遅れても大丈夫」

「赤字のうちは申告をしなくても大丈夫」


と、確定申告期限を過ぎてから申告(期限後申告と言います)をする方や、

申告をしないまま放置しておく方がおられます。


そういう方は、かなり損していると思いますよ。


還付申告だから、どうせ延滞税はかからないし・・・

と思っておられる方は要注意です。


期限後申告になると、

青色申告控除が65万円⇒10万円になってしまいます。

(65万円の青色申告控除は期限内申告が要件だからです)


無申告や期限後申告が2年分続くと、

青色申告が取り消されてしまいます。


青色申告が取り消されると・・・

 白色申告者になったということですから、

・青色専従者給与が必要経費にできなくなります。

・損失が繰り越せなくなります。

・一度に経費に落とせる資産の金額が30万円から10万円になってしまいます。

  その他青色申告を要件としている特例が使えなくなります。


やはり、期限内に申告を済ませるのが一番です。


確定申告でお困りの方は、

できるだけ早いうちに下記までご連絡ください。


side_btn.jpg
posted by 小出 絹恵 at 12:00 | こんな事務所です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 記事編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
税理士 小出絹恵     税理士・行政書士・円満相続遺言支援士
     小出 絹恵

     TEL:03−5486−9686

   幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
   女医さんでした)の顔を見ただけで、
   安心して病気が治ったような
   そんな体験が懐かしく思い出されます。
   私は皆様のそういう主治医になれたらと
   願っています。

●申告の際には必ず専門家にご相談ください。